ここから共通メニューです

設備・車両ガイド

鶴舞線車両 3050形の概要

1.3050形(鶴舞線)について

平成5年に庄内緑地公園・上小田井間の開業により鶴舞線全線が開業しましたが、これを期に、10編成(58両)を導入しました。このうちの1編成には、3000形の6両組成化により余った3000形2両を中間車に組み込みました。
車体は、軽量オールステンレス構造です。前面及び側面には、青色のラインを配し、3000形車両のイメージを残しつつも現代的で、すっきりとしたデザインとしています。
また、平成15年度から16年度にかけてすべての車両に連結部転落防止ホロを設置しました 。
3050形(鶴舞線)の外観

2.車内について

客室内は、天井・側面をホワイト系に、座席・床はブルー系統にまとめフレッシュな感じを表現しています。座席はバケットタイプを採用、座り心地の向上と共にお客様一人当たりのスペースの明確化を図っています。 また、両先頭車には、車いす利用者のためのスペースを設けています。客室内車端部には、車内案内表示装置(文字パターン式)を設置しています。
また、優先席を連結寄りに新設しています。座席は濃紺色とし、優先席は優先席シールで区別しています。
車内写真

3.乗務員室について

乗務員室は、プラグイン式外開き構造の貫通扉として、車体中心よりずらして設置することにより、広い運転スペースと視界の確保を図っています。運転台は横置きデスクタイプとしレバーハンドル式としています。
乗務員室写真

4.主要機器について

台車は、構造の簡素化、軽量化、省メンテナンス化を図るためボルスタレス構造を採用しています。
制御方式は回生制動付きのVVVFインバータ制御方式とし、交流モータを駆動すると共に、車上検査システムを装備したことにより大幅な保守の近代化を図っています。

鶴舞線車両 3050形の主要緒元へ>>

車体正面写真

ここからローカルナビです


ここからフッターです