ここから共通メニューです

設備・車両ガイド

東山線車両 5050形の概要

1.5050形(東山線)について

平成4年に3編成導入した後、平成12年まで順次導入し、全27編成(162両)となっています。
前面のデザインは5000形のイメージを踏襲し東山線車両としての特色をだしました。2本の黄色のラインカラーを配しすっきりとしたデザインとしています。

また、平成16年3月より、東山線が打子式ATSから車内信号式ATCになったため、それに伴う車両の改造を行いました。
5050形(東山線)の外観

2.車内について

客室は、ホワイト系でまとめ、座席はバケットタイプとして座り心地の向上を図りました。また、座席上部には荷棚を設置しました。また、両先頭車には、車いすスペースを設けています。
客室内車端部には、行先、次駅名、扉の開閉方向、乗り換え等を表示する車内案内表示装置(文字パターン式)を設けています。また、平成7年以降の車両には、従来の車内案内表示装置に加え、扉上部に路線図式表示器を設置しています。
また優先席を連結寄りに新設しています。座席は柿色とし、優先席は優先席シールで区別しています。

車内写真

3.乗務員室について

乗務員室は、視界の確保を図り、貫通扉はプラグイン式外開き構造としています。運転台は横置きデスクタイプとしレバーハンドル式としています。
乗務員室写真

4.主要機器について

台車は、構造の簡素化、軽量化、省メンテナンス化を図るためボルスタレス構造を採用しています。
制御方式は回生制動付きのVVVFインバータ制御方式とし、交流モータを駆動すると共に、車上検査システムを装備したことにより大幅な保守の近代化を図っています。

東山線車両 5050形の主要緒元へ>>

車体正面写真

ここからローカルナビです


ここからフッターです