設備・車両ガイド

地下鉄の車両保守

昭和32年の地下鉄開業以来、市民や利用者の皆様の目には触れないところでも、地下鉄の安全や快適性を守るため、様々な努力を重ねています。電車工場には藤が丘工場、名港工場、日進工場があり、担当する車両の点検整備、修理、改造などを行っています。
最近の地下鉄の車両は搭載機器の電子化により、車両状況の管理や、検査作業の一部をコンピュータで行っています。またそれにあわせて各種試験装置も電子化され、高精度化・高効率化の時代要請に応えています。日々行われる車両の点検では、作業員による打音検査、触手検査、目視検査といった人の感覚による検査を実施し、機械では感知できない繊細な保守点検をしています。
また、日進工場の敷地内には名古屋市市電・地下鉄保存館(愛称:レトロでんしゃ館)が併設されていて、週末は家族連れでいつも賑わっています。名古屋市市電・地下鉄保存館についての詳細は、こちらをご覧ください。
さらに、電車工場では、一般の工場見学を受け付けています。工場見学についてはこちらをご覧ください。

列車検査


お客様にご乗車いただいている電車は6日に一度、列車検査を行います。列車検査では、打音検査(専用のハンマーを使用して、検査する部分を軽くたたき、その打音でボルトのゆるみなどの状態を判断する検査方法)、触手検査(車両に触れて、異常な熱やガタつきなどを判断する検査方法)、目視、異臭の有無など車両を人間の五感により点検します。
また、乗務員の操作する機器や、乗降用扉については、実際に動かしてみて、正常に動作するのかを確認しています。
列車検査は、東山線車両は藤が丘工場、名城線・名港線車両は名古屋ドーム付近にある大幸車庫、鶴舞線車両は日進工場、桜通線車両は徳重車庫で行っています。

打音検査写真

目視、触手、打音検査

右の写真は、目視、触手、打音検査の様子です。車両に触れて異常な熱やガタつきなどを判断しています。

車内放送機能確認写真

車内放送の機能確認

右の写真は、運転室機器の機能確認の様子です。車内放送の機能を確認しています。

運転台機能確認写真

運転台の機能確認

右の写真は、運転室機器の機能確認の様子です。運転台の機能を確認しています。

月検査

電車は3ヶ月に一度、月検査を行います。
この検査は電車の主要な機器の状態及び機能について点検を行い、必要に応じて磨耗した部品、潤滑油の交換を行います。

屋根上機器点検写真

屋根上機器点検

右の写真は、屋根上の機器の点検をしている様子です。

床下機器点検写真

床下機器点検

右の写真は、床下の機器の点検をしている様子です。

コンピュータによる機能確認写真

コンピュータによる機能確認

右の写真は、コンピュータを使用して機能の確認をしている様子です。

重要部検査、全般検査

電車は4年を超えない期間、又は60万km超えない期間に重要部検査、8年を超えない期間で全般検査を行っています。
重要部検査では電車の主要部分(走行するための機器、ブレーキを作用させる機器、動かすための部分等)について分解して検査を実施しています。
全般検査は電車の全般に亘って分解して検査を実施しています。

組成作業写真

車両の組成作業

右の写真は、車両の組成作業の様子です。整備が終わった車両を組み立てています。

台車整備写真

台車の整備

右の写真は、台車の整備の様子です。車輪やモーターなどを取り付けている部品の手入れをしています。

気吹き作業写真

気吹き作業

右の写真は、気吹き作業の様子です。4年間走って付着したホコリを、圧縮空気で吹き飛ばします。

床下制御機器整備写真

床下制御機器の整備

右の写真は、床下の制御機器の整備の様子です。