設備・車両ガイド

地下鉄の電気設備保守

地下鉄では、電車を安全快適に運転するために、各種の電気設備が設置されており、それらの設備が正常に動作するように日夜、補修や定期的な検査を実施して電気設備の維持管理に努めています。
これらの仕事は、お客様の目に触れることはありませんが、地下鉄の安全な運行を陰で支える重要なものです。

変電所の保守

電力会社から数万ボルトの高い電圧で受電し、電気の種類や電圧を変換して、電車や駅等に再送電する役目をするのが変電所です。
これらの変電所の保守は、交通局の管理の下で、一定の現場作業を専門の会社に委託しています。一部の変電所では、すべて交通局の職員が直接現場作業を行っています。

高圧遮断器の点検

高圧遮断器の点検

右の写真は、駅に電気を送る高圧遮断器というスイッチを点検している様子です。

保護継電器の検査

保護継電器の検査

右の写真は、電気的な異状を検出する保護継電器という装置の検査をしている様子です。

電路設備の保守

電車に電気を送るための架線やサードレールといった特殊な電線、並びに、駅に設備された配電設備や照明設備等を電路設備といいます。
ほとんどの電路設備の点検作業は、交通局職員が監督業務を行い、委託した専門の会社に適切な作業を行わせて管理しています。

サードレールの点検

サードレールの点検

右の写真は、夜間トンネル内でサードレールを点検している様子です。

架線の点検

架線の点検

右の写真は、夜間トンネル内で架線を点検している様子です。

信号設備の保守


電車同士が衝突したり、ポイントで脱線をしないように、電車を安全に制御する設備を信号設備といいます。
点検や故障の修理は、交通局の職員が直接現場で作業をします。簡単な点検は昼間行っていますが、重要部の点検は、電車の営業が終わった後、夜間作業で行います。

転てつ機の点検

転てつ機の点検

右の写真は、線路の切り替えを行うための機械(転てつ機)を点検している様子です。

転てつ機の点検

下の写真も、線路の切り替えを行うための機械(転てつ機)を点検している様子です。

通信設備の保守

地下鉄では、駅や運転指令室間の電話、電車と運転指令室間の列車無線設備、駅放送装置等の重要な通信設備が設備されています。これらの設備は、交通局の職員が直接点検したり修理を行っています。

列車無線装置の点検

列車無線装置の点検

右の写真は、測定器を用いて列車無線装置の点検をしている様子です。