テロ対策について

名古屋市交通局では、お客さまが安全・安心にご利用いただくために、駅構内やバスターミナル、車内等において様々な対策を実施し、テロの未然防止に取り組んでいます。
また、万が一テロが発生した場合においても、職員が落ち着いて行動できるよう、テロや犯罪などの発生時を想定した各種訓練を実施しています。
お客さまにおかれましても、市バス・地下鉄をご利用の際に不審物などを発見された場合は、お近くの職員にご一報くださるよう、ご協力をお願いいたします。
なお、不審物に対する警戒強化の観点から、駅構内やバスターミナルなどのゴミ箱は必要最小限の設置数としておりますが、より高度な警戒体制が必要になった場合には、ゴミ箱の撤去やコインロッカーの封鎖を行うこともありますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

地下鉄におけるテロ対策

巡回の様子

駅構内、列車内の点検・巡回

駅構内や列車内などの点検・巡回を徹底し、不審者および不審物への警戒に努め、テロや犯罪などの未然防止に努めています。(巡回強化期間中は腕章を着用しています。)

テロップの様子

不審物などへの注意喚起

駅構内や列車内で、不審物発見時の協力を呼びかける案内放送を適宜実施しているほか、ホームや改札口に設置してある案内表示器でも、テロップなどで周知を行っています。

防犯カメラの様子

防犯カメラによる駅構内の監視

地下鉄各駅では、防犯カメラにより駅構内の監視を行っています。なお、カメラの設置場所には、防犯カメラが作動中であることを表示し、テロや犯罪への抑止効果を高めています。

緊急電話の様子

緊急電話及び車内非常通報装置の設置

緊急時に速やかに職員へ連絡していただけるよう、駅のホームに緊急電話が設置されているほか、列車の各車両にも非常通報装置が設置してあります。

市バスにおけるテロ対策

巡回の様子

バスターミナル、回転場などの点検・巡回

バスターミナルや回転場などの点検・巡回を徹底し、不審者および不審物への警戒に努め、テロや犯罪などの未然防止に努めています。 (巡回強化期間中は腕章を着用しています。)

車内点検の様子

バス車内の点検

バス運転士は、勤務の開始と終了時に車内の点検を実施しているほか、運行の折返しとなる終点到着時においても点検を実施しています。

ドライブレコーダーの様子

ドライブレコーダーの設置や映像の提供

市バス全車両にドライブレコーダーが設置してあり、運行中は車内外の状況を常時記録しています。車内で不審な状況が発生した場合には、警察に映像を提供するなどして、捜査活動に役立てています。

参考

国の鉄道テロ対策の詳細については、以下のリンクからご覧いただけます。