AIカメラによる視聴数の計測を開始します

AIカメラにより広告の視聴数を計測し、その視聴数に応じた広告掲出料とするデジタルサイネージ広告の新たな販売方法を試行的に実施します。

撮影された映像の処理について

AIカメラによる撮影にあたっては、一般社団法人IoT推進コンソーシアム、経済産業省及び総務省が策定した「カメラ画像利活用ガイドブックver2.0」及び、一般社団法人デジタルサイネージコンソーシアムが策定した「センシングサイネージガイドライン(第1版)」に準拠して行います。
カメラの設置・運用については(株)LIVE BOARDが行い、名古屋市交通局は以下の事項を遵守させるよう監督します。
 ・カメラで撮影した映像は、広告の視聴数の計測以外には使用いたしません。
 ・計測結果には、お客さまの風貌や人物の特徴を示す内容、及び個人の特定につながる情報は含みません。
 ・カメラで撮影した映像は録画いたしません

(株)LIVE BOARDのホームページ
カメラを利用したインプレッションの測定について(外部リンク)

カメラ設置場所

名古屋駅スクエアビジョン広告(地下鉄名古屋駅南コンコース)
栄駅スクエアビジョン広告(地下鉄栄駅西コンコース)

カメラ設置基数

名古屋駅 14基
栄駅   16基
合計   30基

計測開始日

令和3年10月25日(月)から

お問い合わせ先

資産活用課広告係
電話番号:
052-972-3813
FAX:
052-972-3817
メールアドレス:
koukoku@tbcn.city.nagoya.lg.jp

(担当)柿原・北川