伏見駅ナカ商業施設「ヨリマチFUSHIMI」令和元年12月開業予定!!

ヨリマチ伏見ロゴマーク

地下鉄伏見駅において、お客様に便利で快適にご利用いただくとともに、駅の魅力向上を図るため、多数の店舗を一体的に展開する名古屋市交通局初の駅ナカ商業施設「ヨリマチFUSHIMI」の整備を進めています。

ヨリマチFUSHIMIの概要

事業コンセプト

ミチからマチへ~Fushimi Crossing Place~
多彩な要素が交わる街“伏見”の玄関口をただ通過するだけの「ミチ」からより楽しい「マチ」へ。

施設概要

場所

地下鉄伏見駅 地下1階南側コンコース(名古屋市中区錦二丁目16番24号先)

店舗

物販、軽飲食、サービス等の11、12店舗程度(延べ床面積約883平方メートル)(予定)

施設名称

ヨリマチFUSHIMI
~ちょっとよりミチ、ちょっとよりマチ、ここにより便利でより心地よいマチが誕生します~

名称について

毎日使う駅だからこそ、その街に暮らす、働く、遊びに行くことをひとつの楽しみとして捉えていただけるような、街の人たちが自慢できる駅をめざしたいという意味を持たせ、街と駅への愛着を込めて日常的に読んでいただけるような名称としています。

ヨリマチ伏見ロゴタイプ

四方に伸びる線は交差する2つの路線をイメージし、主要路線が交差し様々な文化が混在する利便性の高い場所にあるという伏見駅で、何か良いこと(利)がありそうな、あた(与)えてくれそうな、そんなマチを予感させる様を、万葉仮名(いにしえ感)とカタカナ(今日感)を組み合わせることにより表現しています。

ヨリマチ伏見シンボルマーク

伏見駅が、名古屋・栄・大須・丸の内の4つのエリアの中心であることを表現しています。
また、様々なものが交わり、ここから始まる・発信する場をイメージし、古いものと新しいものが交錯する様を表しています。

開業時期

令和元年12月(予定)

運営事業者

民間のアイデアと優れた経営ノウハウを活用して整備するため、コンセプトづくり、テナントリーシング(店舗誘致)、施設管理運営を一体的に行う事業者。平成28年度に公募により次の事業者に決定しました。

グループ名

名古屋鉄道・ザイマックスグループ

グループ構成員

名古屋鉄道株式会社、株式会社ザイマックス

経緯と今後の予定

  • 平成28年10月:運営事業者決定
  • 平成28年度から:設計・整備工事
  • 令和元年秋頃(予定):出店テナント店舗の公表
  • 令和元年12月(予定):ヨリマチFUSHIMI開業

お問い合わせ先

資産活用課事業開発係
電話番号:
052-972-3910
FAX:
052-972-3817