可動式ホーム柵

地下鉄駅ホームでの軌道への転落事故や列車との接触事故を未然に防止し、お客さまにより安全に地下鉄をご利用いただけるよう、可動式ホーム柵の設置をすすめています。

可動式ホーム柵

可動式ホーム柵の写真

整備状況と計画

令和3年度末現在、東山線(22駅)、名城線・名港線(34駅)、桜通線(21駅)、上飯田線(2駅)に設置しています。
鶴舞線の可動式ホーム柵の整備は、令和8年9月に開催する第20回アジア競技大会(2026/愛知・名古屋)までに完成する目標です。
各駅の整備状況は次のPDFデータ又はテキストデータをご覧ください。

ご利用上のお願い

pagetop