職員インタビューINTERVIEW

技術員(機械)

日進工場 修車係柏原 雄平

Yuhei Kashihara

H31.4 入局勤続2年

柏原の写真、仕事内容・魅力
仕事内容・魅力

電車車両に触れること

鶴舞線と桜通線の電車車両の定期検査をしています。

4年に1度の重要部検査と8年に1度の全般検査を約1ヶ月かけて、車両の清掃、整備、部品交換、調整をしています。

私は主に側引戸の部品交換、調整をしています。側引戸とは、お客さまが乗り降りする扉です。その他にも車両の部品ごとに担当する班があります。

この仕事は、グループ作業が多いです。

仕事の魅力は、電車車両を触れることです。車両を分解して整備をし、組みつけて、出場検査をして、実際に自分達が整備した電車が走っている姿が見られることです。

この仕事を選んだ理由

地下鉄に関りたいと思った

私は転職でこの仕事を選んだのですが、前職は製造業で物を1から造る仕事をしていました。

ふと将来のことを考えて昼夜交代制を定年まで働き続けられるのか悩み、色々と調べていたところ、交通局の求人を見つけました。公共交通機関として多くの人が利用する地下鉄に興味を持ち、公務員で安定した職業で多くの人の役に立てる仕事だと思い入局しました。

鉄道の知識は、全くなく不安もありましたが前職の物造りから保守・設備で形あるものに触れて直し、部品交換、調整して再び良い状態にする仕事にやりがいを感じ、陰ながら名古屋の公共交通機関を支える業務に備わりたいと思い、この仕事を選びました。

柏原の写真、夢・目標
夢・目標

期待される職員になりたい

私の職場は、グループ作業が主です。たくさんの人に仕事を教わることが多いです。そこで技術を覚えていき、また新しく入ってくる人に教えられる人になりたいです。

資格取得や専門研修など色々とチャレンジできる環境であり、自分のやる気次第では、大きくスキルアップ出来るので新しいことにチャレンジし、努力して次に繋がる仕事をし、安全・安心でより良い公共交通機関になるように貢献したいです。

SCHEDULE一日の仕事の流れ

OTHER INTERVIEW他のインタビュー