職員インタビューINTERVIEW

技術員(建築)

施設事務所 施設改良係浦上 弘

Hiroshi Uragami

H13.4 入局勤続20年

浦上の写真、仕事内容・魅力
仕事内容・魅力

何ものにも代え難い

施設事務所は、地下鉄全駅、地下鉄車両の工場及びバスの営業所等の施設の保守・点検を行っています。その中で施設改良係に所属する私の業務は、雨漏り・湧き水修理や建具等の修理、床や壁のタイル張替え等の修理や点検を行うことです。また、保守や点検に必要な資材の加工・工具類の整備も大切な仕事の一つです。

夜間作業も月に数回あり、また時間外の緊急対応もあるので心身共に大変な仕事だと思います。

同じ障害内容でも場所が違えばその都度対応も変わります。その場での最適な方法を素早く考え実行し、持てる知識と技術を活用して、お客さまへの影響を少しでも短くしなくてはいけません。

安全にかつ迅速に対応し、快適に利用していただく施設を提供できる喜び、日々の保守や点検により障害を未然に防ぐことが出来た時の充実感は、何ものにも代え難いと思います。

この仕事を選んだ理由

仕事もプライベートも充実

家業が左官業だったこともあり、高校では建築科へ進みました。就職か進学かで迷っていた時に交通局の求人があり、縁あって入局することになりました。

小さな頃からの夢が安定した公務員だったというのもありますし、仕事もプライベートも両方を充実させることが出来ると思った事が一番の理由です。

目立つ仕事ではありませんが、自分の性格的にもこの仕事を選んで良かったと思います。

知識も技術も本人次第でどれだけでも吸収出来るこの職場で働くことが出来て、嬉しく感じています。

浦上の写真、夢・目標
夢・目標

安心・安全を
当たり前のように提供していく

入局して20年、あと数年で折り返しの所まで来ました。これまでもそうだったように問題を解決するにあたって、一つの考え方に囚われず柔軟に考え対応していきたい。

経験も知識も自分の何倍も豊富な先輩方の意見を参考に、様々な障害等に対応しています。

自分の職場はチームで対応するので、普段からのお互いのコミュニケーションがとても大事です。

お客さまに気持ちよく交通局の施設を利用してもらい、同じ交通局内の他部署の人達にもそれぞれの任務を全うしてもらう為に、自分達が出来る最善のことを考え実行していくことが目標です。

お客さま最優先、安心・安全を当たり前のように提供していく為に、今いる仲間やこれから新しく仲間になる方々と頑張っていきたいと思います。

SCHEDULE一日の仕事の流れ

OTHER INTERVIEW他のインタビュー