職員インタビューINTERVIEW

駅務員

東山線駅務区 名古屋管区駅 名古屋駅矢神 尭史

Takashi Yagami

H31.1 入局勤続2年

矢神の写真、仕事内容・魅力
仕事内容・魅力

やりがいを感じます。

駅務員の仕事は、大きく分けて3つあります。窓口業務、駅長室業務、ホーム監視です。どの業務も大変重要なため、チームで交代しながら業務に就いています。

窓口業務は、改札口でお客さまの応対をします。目的地への行き方や切符の購入方法等、ご案内することはお客さま一人ひとりによって異なります。窓口で礼詞をする際や、ご案内を終えた後に「ありがとう」とお客さまから言って頂けると嬉しいです。

駅長室業務は、駅長室のモニターで各改札窓口やホーム上の監視や、定期券の発売等をします。定期券の発売では、お客さまの希望される区間や経路を確認しながら作成します。特に経路は、お客さまも選ぶのに迷われることもあり、お客さまと相談し、お客さまの要望に沿った定期券を作成し、お客さまに喜んで頂くことも多く、やりがいを感じます。

ホーム監視は、ホーム上での案内放送や安全確認が主な業務です。安全は最優先!列車のドアを閉める合図や安全確認をする際は気を抜けません。ホームでの案内放送も重要です。お客さまにとってわかりやすい案内を心がけています。

この仕事を選んだ理由

地域に貢献できる仕事を

私は幼い頃から、市バス・地下鉄を利用しており、身近な存在でした。学生時代はアルバイトで接客をしており、就職を考える頃には、接客もでき、地域に貢献できる仕事に就きたいと思いました。

その頃、友人と出かける用があり、地下鉄栄駅へ出かけた際、窓口で駅務員が立って「ありがとうございました」と挨拶をしており、気持ち良く改札を出たものの、目的地への行き方、出口を忘れてしまい、道案内をお願いしたところ、親切に対応していただき、感動したことがありました。

これをきっかけに、地元名古屋に、名古屋市民の交通手段として貢献でき、接客も経験できる名古屋市交通局の駅務員を第一志望にしていましたが、当時は募集が無く、別の鉄道会社で1年働き、名古屋市交通局で駅務員の募集があると知り、交通局の駅務員の夢を諦め切れず、転職してきました。

矢神の写真、夢・目標
夢・目標

後輩に頼られる駅務員を目指したい

前職も鉄道業ではあったものの、交通局の規定等は全くわからず、入局後の研修や駅での研修にはとても苦労しました。そんな中、駅の先輩や助役さんが、優しく教えて下さりました。

私は駅務員としてまだ2年目で、まだまだ未熟です。駅務員として日々、様々な事を経験し、勉強し、後輩に頼られる駅務員を目指したいと思っています。

そして、さらにその先として、列車の安全運行を担う乗務員や、列車の安全運行を支え、管理する運転指令員も目指したいです。

SCHEDULE一日の仕事の流れ

OTHER INTERVIEW他のインタビュー